読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitocoin初心者がHYIPで稼げるのか!?

今流行りのビットコインでできるハイリスクハイリターンのHYIPの投資で仮想通貨素人の私でも稼ぐことができるのかチャレンジしてみました( `ー´)ノ

仮想通貨とは?

仮想通貨とは?

 

仮想通貨というものが流通し初めたのは2009年、BITCOINが世界初の仮想通貨であり、同時に仮想通貨の歴史の初まりです。

 

仮想通貨という言葉は日本で作られた造語であり、元々の言葉は英語でCrypto Currency、直訳すると暗号通貨、今までの通貨の欠点を補って生まれたのが仮想通貨(暗号通貨)です。

 

当時は1BITCOIN=1円にも満たなかったBITCOIN現在1BITCOIN100,000円前後の値段で取引されている。

 

今までの通貨との一番の違いは、Bitcoinには発行元となる中央機関(日本で言うならば日本銀行)が存在せず、インターネットを利用し

個人間で送金が出来るという点です。

個人間の送金なので、第三者によって干渉される心配がなく、しかも従来よりも早く、24時間いつでも世界中に通貨を送金

することが出来るという革新的、革命的な技術(ブロックチェーン技術)をベースに、BITCOINは誕生しました。

 

この従来の通貨の欠点を克服した新しい通貨、新しい技術の誕生により、現在の金融界、経済界、ITテクノロジーも敏感に反応し、連日の様に世界中の金融機関やテクノロジーの分野で仮想通貨関連の新しいサービスが生まれています。

 

仮想通貨に関連する企業やスタートアップの事はフィンテックファイナンス(金融)+テクノロジー(技術)」と呼ばれ

それに関連する新しいスタートアップやベンチャー企業が続々と誕生しています。

 

 

通貨の歴史

 

石や貝殻といった希少性の高い実物

金銀銅といった希少性の高い実物

貨幣、紙幣の誕生

インターネットの普及によりクレジットカードやICカードといっ電子マネーの登場

より早く、より安全に価値を移動させる事が出来る仮想通貨の誕生

 

 

 

*銀行の利益が6割減、フィンテックがもたらす破壊的影響

http://diamond.jp/articles/-/81095

 

潜在市場は20兆ドルアナリストが語るFinTechとブロックチェーン2.0

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/090100053/112000105/?s2p&rt=nocnt

 

Fintech協会が発足

https://www.coin-portal.net/2015/10/02/2560/?cat=postcat

 

みずほ、フィンテック連合に参加 仮想通貨技術狙う 

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO93751170Y5A101C1NN1000/

 

*より多くの米国の大学がビットコインコースを提供

仮想通貨 アメリカの大学が講義内容に

https://www.coin-portal.net/2015/09/05/1566/

 

スタンフォード大、MITビットコイン専攻コースを開設、新世代の才能創出目指す

http://btcnews.jp/stanford-university-and-mit-start-bitcoin-program/

 

 

*世界初のBitcoinだけの銀行NextBankが、規制と偏見の少ないバヌアツで登記、将来はbitcoin投資銀行も目指す

http://jp.techcrunch.com/2015/11/13/20151112nextbank-aims-to-be-the-first-all-bitcoin-financial-institution/

 

*インターポールが独自に仮想通貨を作って犯罪ケースを勉強

http://cryptocurrencymagazine.com/interpol-creates-digital-currency-study-crime

 

 

米ゴールドマンサックスの特許出願が開示、暗号通貨用いた証券決済システムの実装に向け

http://btcnews.jp/goldman-sachs-disclosure-method-of-cryptocurrency-for-security-settlment/

 

 

 

仮想通貨とは?

 

仮想通貨BITCOINは国境を超え、インターネットを通じて世界中どこでも扱える理想的な通貨、として、2008年頃からナカモト サトシという方を中心に、世界中のプログラマー達と共同に開発されたと言われている。

2009年から実際に扱われ始め、当時は1BITCOIN1円にも満たなかったBITCOINは現在1BITCOIN=約100,000円前後の値段で取引されている。

その後、新しい仮想通貨が続々と生まれ初め、現在は多くの仮想通貨情報が乱立している。

BITCOINRippleも仮想通貨は、現在、一般的にほとんどのケースが投機目的で買ったり売ったりを繰り返しいてる、しかし、仮想通貨の利便性に着目した大手企業が続々と参入、

AmazonMicrosoftGoogle日本の大手企業楽天リクルートGMOグループ等も仮想通貨のシステムを取り入れ初めており、日々企業参入が相次いでいる)

決済手段の1つとしてインフラが整ってきており、急激な勢いで普及している。

毎日BITCOINの取引件数だけでも約35万件ほどの取引が行われている、仮想通貨を決済、投機として扱い出す人々が増え続けている。

5月19日の記事ではニューヨーク証券取引所ビットコインINDEXを開始した。

仮想通貨のシステムを導入し、仮想通貨を顧客に勧めている銀行も既に存在しており

仮想通貨Rippleの決済システムを取り入れたドイツのFidor銀行は、2015年、最優秀金融機関賞(Bank of the year)を受賞してる。

大手企業や金融機関、銀行が仮想通貨の利便性、決済スピード、手数料の安さや今後の可能性に着目し、参入、出資を繰り返しており、日々、仮想通貨の最新情報は更新されている。

 

お金に関わることが今までは銀行という中央機関が独占していたせいで

一般のユーザーや企業が参入出来なかったが仮想通貨を使うことにより、

お金のシステムを皆が触れる様になった、これにより新しい新事業の創設が始まり、

日本でも続々と仮想通貨関連の新会社がスタートアップしている。

 

仮想通貨の今後1

 

仮想通貨の真に優れている点は、その仕組み、ブロックチェーン技術によるものです。

銀行などの中央機関が無くても価値を安全により早く移動させられるという技術は今まで確立されていませんでしたが

ブロックチェーン技術によって作られたBITCOINの誕生により、それが可能な事が証明されました。

現在は世界中の銀行がその技術を取り入れようとしており、連日メディアに記事としてとりあげられています。

ブロックチェーン技術により、従来までの通貨という枠を超え、第三者機関を不要とするサービスが既に続々と誕生しており、

近い将来、弁護士や税理士、銀行等の中央機関や第三者機関がいらない世界が待っているかもしれません。

 

 

仮想通貨の今後2

 

仮想通貨の真に優れている点は、その仕組み、ブロックチェーン技術によるものです。

銀行などの中央機関が無くても価値を安全により早く移動させられるという技術は今まで確立されていませんでしたが

ブロックチェーン技術によって作られたBITCOINの誕生により、それが可能な事が証明されました。

 

ブロックチェーン技術は通貨としての利用に留まりません。

ブロックチェーンは現在第三者機関に頼っている全ての業界の仲介役を取り除くことができ、第三者機関に頼らずにして回る世界を構築することができます。

例えば、日本株を買いたかったら現在は証券会社を通して証券取引所で株を買い、株の保管・管理は証券保管振替機構(通称ほふりを通して行われます。

もしブロックチェーンを使えば、わざわざほふりなんて通さなくても株式の保管・管理を自分自身で行うことが可能になります。

また、インターネットのドメインを買いたいなら、現在はICANNという第三者機関を通して行われます。

もしブロックチェーンを使えば、ドメインの所有権の管理を第三者機関を通さずに行うことが可能になります。もちろんドメインだけに留まらず、不動産や車などの所有権をブロックロックチェーン上に残すようにすれば、不正が一切できない国民投票のシステムを作ることだってできます

ブロックチェーン、仮想通貨の可能性は無限大なのです。